脱子供コーデ〜大人な着こなしのルール〜

第一印象は諸説ありますが、3秒〜15秒で決まると言われています。
凄く短い時間ですが、人間の脳はそれだけの時間で相手の情報を得ようと動くのです。

では、第一印象で得をする人は、どんな人なのでしょうか?
表情、髪型など色々なあると思いますが、ここでは服装について話してみたいと思います。

洋服屋として働いていた僕のファッションの基準は、初めてご来店して頂いたお客様に初見で「あのスタッフお洒落」と思わせることと、大人として、お客様を応対する際に失礼にならないスタイリングでした。

その考えは今でも変わらず、お洒落と大人のマナーを両立させることが、僕の中のファッションのルールです。

結果、初めてお話させて頂く方からは、老若男女問わず第一印象でお洒落だと100%言って頂くことが出来ます。それだけで、得してますね。
では、子供のお洒落と大人のお洒落とはどのような差があるのでしょうか?

お話しするとかなり永い話になりますが、簡単に言いますと全てが違います。
サイズ、色、アイテム、素材、合わせ方、ファッションにもおける全ての基準が大人と子供では違うのです。

ですが、全てを学び、考え、実行するのはプロでもなかなか難しい話なので、簡単な大人の作り方をお話しします。

 

 

img_0180
出典:http://kurumani.com/?cat=22
img_0182
出典:http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/S0328

 

極端な2つのコーディネートです。

前者は、メンズの定番紺ジャケを羽織り、デニムとロールアップで抜きを作っている、実にメリハリのとれたコーディネートです。

後者は、チェックのシャツにデニムと男らしいアメカジの王道ですね。

どちらが、大人に見えるかは一目瞭然ですよね。

両者ともブルーを軸にデニムを使ったまとまりはありますが、分かりやすく差が出ているのです。

前者はジャケットというカチッと重量のあるアイテムを羽織り、上半身にはしっかりとした威厳を出し、ウォッシュの強いデニムで色味を軽くし、ロールアップという抜きで、重さを消しています。

これが、俗に言う余裕のある大人のコーディネートです。

後者はシャツの丈、サイズ感が小さい上半身に、ゆったりとしたデニムで裾は長いまま男臭いワークブーツ。
全体的に、野暮ったい男らしい印象を受けます。
ここまでお話しすれば、察している方もいるかとは思いますが、要するに大人のスタイリングに重要なのは、どこかに品のあるアイテムを入れる事と、しっかりとした抜きを作る。

品のあるアイテムで威厳と格を持ち、抜きを作ることで余裕とこなれ感をだすのです。

この2つが出来ていれば、脱子供コーデが出来るはずです。

ファッションは大人としてマナーの1つです。
ちょっとしたコツ1つで自分の見え方は変わります。是非試してみて下さい。

 

にほんブログ村 ファッションブログにほんブログ村 着こなし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中