高い服と安い服どこに差があるのか?ファストファッションリサーチ

何かを買おうとするとき、何かのサービスを受けようとするとき、金額というものが存在しますね。

金額は同じジャンルの商品でも様々、ビックリするほど高いものから、逆に心配になるような安いものまでいろいろあります。
ファッションというのは一番身近にその価格差というものを感じているジャンルであり、
衣、食、住、この3つの中で、モノの価値というのが1番見えづらいのが衣服なのではないでしょうか。

僕がお店に立っているころ、よく聞かれる質問がありました。

「この服はファストファッションの服と何が違うの?」

本当によく聞かれました。

 

正直言って拘り。

 

この1点だけです。

 

あまり知らない方々は、サイズ感が違うなんてことをよく聞きますが、それは拘りの1部にしか過ぎない話です。

服というのはデザインした人が、1番にピックアップされますが、素材を育てる人、収穫した素材を糸に紡ぐ人、紡いだ糸を染める人、染めた糸を織り上げる人。織り上げた生地を売り込む人。ここまでやって服屋さんに回ってきます。

そこでやっとデザインとあわされ、パターンと呼ばれる、服の設計図にあてられ、裁断、縫製、加工の手間がかかり、各ブランドの持つ倉庫に運ばれ、どのお店に何着どんなタイミングで入れるか、お客様を楽しませる為の作戦が考えられ、お店に入荷し、どんな風にレイアウトしたら格好よく見えるか、どんな着方をすればお客様が気に入ってくれるか、考えられた後、お店にやっと並ぶのです。

永くなってしまうので、かなり端折りましたが、この工程1つ1つを拘り、妥協をしなかった服が、高い服になっていくのです。(妥協して高い服もあります)

拘って制作された服は、見た目も持ち合わせている空気もやはり違います。

ですが、1番は着ていて気持ちがいいこと、永く愛用できること、ではないでしょうか。

文章ばかりで、ながながと書きましたが、近年のファストファッション何やらすごく勢いがあると思い、リサーチしてきたので、お次お話ししたいと思います。

お読み頂き、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ファッションブログにほんブログ村 着こなしにほんブログ村 パーソナルスタイリストにほんブログ村 ファッションの豆知識

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中