良い大人の常識~靴の優劣~

StyleBLeInスタイリストの齊藤です。

モノには綺麗、汚い、フォーマル、カジュアルなどの優劣が存在していますよね。

ファッションは特にフォーマル~カジュアルまでの順序がはっきりと決まっている分野の1つだと思います。
オケージョンに応じてドレスコードや格式があり、身分や階級、ホストかゲストなどによっても、身に着けるべきアイテムが変わっていくのです。

本日はその中でも1番知っておかなければならない、靴の順序についてお話します。

 

革靴の中でも様々形があり、雰囲気というものが異なっているのにはお気づきでしょうか?
靴の発祥はかつてのフォーマルの派生や、軍服の派生、果ては民俗衣装の派生まで様々な出自があり、種類もすごく豊富に出回っております。

よく結婚式にあるようなフォーマルやセミフォーマルと呼ばれるドレスコードには何を履けばよいのか、いささか不安になっている方も多いと思います。
まずは大まかな順序で説明します。

 

①ストレートチップ
格式の1番高い靴。トゥ(爪先)にシンプルな1本線が入ったモノ。
この形の靴を履いていればどんな場に行っても、まず失礼にはあたらない形。

 

②クオーターブローグ(プレーンキャップ・トゥ)
ストレートチップに少々の穴飾り(ブローグ)を施したモノ。
この靴でも十分に通用する。

 

 

③セミブローグ
クオーターに比べるとより装飾が多く、格式というよりも、華やかさが増している。
パーティーなど華やかな場での装いにおススメ。

 

 

④プレーントゥ
装飾の一切ないシンプルな形。
靴全般的に見ても、1番使い勝手の良い靴であると言い切っても良い。
ただ、シンプルが故に形、素材が1番見えやすいのもこの靴。

 

前半戦はここでストップです。
今説明した種類の靴が基本的には、フォーマルorセミフォーマルで履いても良い靴の種類です。

近々公式の場に出席される方は、装いのご参考に。

 

クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルスタイリストへ

良い大人の常識~靴の優劣~」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中