「スーツ姿カッコイイ」は誉め言葉?

皆様こんにちはスタイリストの齊藤です!

もうすっかり、秋!
薄手のウールを着ていても、涼しく思える気温がやってきましたね。

098fbc27d64a9b5102cb642a8117c86f

この時期になると、薄着一辺倒のスタイリングから離れ、個人個人が独自のスタイリングで街に繰り出す季節でもあり、僕の人間観察もやりがいがでてきます、、

 

さて、皆さま。

スーツ姿で初めて会った方に、「スーツ似合うね」や「スーツ姿カッコイイ」なんてことを言われたことはありませんか?
男性ならほとんどの方が人生1度は言われているセリフではないでしょうか?

このセリフ大人になってから言われた方は要注意です!!

実はこのセリフ、、

 

誉め言葉ではありません。

 

 

そもそも普段着ているカジュアル服とスーツには大きな違いがあることをご存知ですか?

普段着ているカジュアルジャケットや、ブルゾンといったアイテムは「表地×裏地」か「表地」のみで形成されています。

それに対し、スーツというのは「表地×芯地×裏地」というようにカジュアルなアイテムにはない、「芯地」というパーツが入っているのです。
この「芯地」がスーツの形を立体的かつ構築的に形成しているのです。

スーツ 芯地 に対する画像結果

ある種強制ギブスのような役割を果たしているのですね。(男前を上げる強制ギブス)

スーツには体躯を強制し、背筋を伸ばし、雰囲気を端正に仕上げる効果があります。
なので、下手な選び方をしなければ「失敗をしない洋服」だと言えるのです。

 

それを着て褒められるということは、、
普段着が失敗している可能性が高いということかもしれませんね。

もちろん普段からしっかりと洋服を着ている方もいると思いますので、この記事を読んで心配になった方は、スーツと普段着を鏡の前で見比べてみてください。
姿勢、顔つきに差があったら要注意です!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中