ファッションを構成する要素のハナシ

こんにちは!
StyleBLeInスタイリストの齊藤です。

この時期になるともう暖房器具に頼らないと生きることの難しい私です。

そんな中、私服飾相談所の提案しているファッションとはどんなものなのか、少しお話しします。

まず、ファッションを構成する要素は4つ。

色彩、素材、シルエット、ドレープ、この4つから成り立ちます。
この4つの要素を全て合計した結果がスタイリングの完成形となるわけです。

それぞれの役割を大まかに説明させて頂くと、

色彩=全体の印象
素材=緊張度(フォーマル度)
シルエット=時代感や年齢層
ドレープ=色気、品格

もちろんすべてが持ちつ持たれつの関係性ですが、大まかな使い方としてはこのようになります。

この4つの要素を自分が「生まれ持っているもの」や「人生で身についたもの」にプラスしていき、求めている印象や理想の人間像にするのです。
その基本として、ファッションの歴史、正当な着こなし、民俗学、色相学を紐解いているのです!

過去の偉人たちが積み上げてきた記録は財産。

使わない手はないですね。

今回もご愛読ありがとうございました。
次回は色彩についてぼやきます、、

 

オーダースーツ本格始動しました!こちら

12/10(土)八事にて色についてのセミナー開催いたします!詳細はこちら

広告